市民会議

2021 年 月 31 

第一回「金沢区コミュニティFM を創ろう市民会議」

プログラム

1.コミュニティFMとは

2.講演

関東学院大学 防災減災復興学研究所 理工学部 福谷 陽准教授

金沢区総務部総務課 危機管理・地域防災担当係長  楯 義則様

横浜市立大学国際教養学部 三輪 律江准教授

3.意見交換会 

議題1 あなたがパーソナリティになったらどんな番組を放送したいですか?

議題2 運営形態どうする?

4.金沢区コミュニティFM設立委員会総会

ご参加ありがとうございました。当日の意見交換会にて出していただいたそれぞれのグループの意見を紹介します。

議題1 あなたがパーソナリティになったらどんな番組を放送したいですか?

地域に根付いたラジオ番組を放送できることがコミュニティFMの特色、皆さんには、どんな番組をしたいか考えていただきました。

グループ1  地域の趣味紹介番組 

地域の人同士が関わるきっかけとなり繋がりができるような番組。

グループ2  高齢化が進み避難が大変、防災減災の話し合いをして協力した支援をする番組。

グループ3  防災情報、金沢区のリアルタイム情報に関する番組

災害時など有事の際に役立つラジオをしたい。リアルな情報を出していきたい。

グループ4  JAZZ演奏、地域のニュース、歴史の番組、イベントや人物紹介、ラジオドラマ→歴史のラジオ番組

グループ5  地域密着型(店紹介)、地域活性化、防災に関する番組

地域のつながりを作るため。

グループ6  地域の役立つ情報を放送する番組

地域に役立ち貢献をするため。

グループ7  金沢区の人やママさんなどをゲストとして呼び地域のつながりを広げていけるような番組

議題2 運営形態どうする?

立ち上げに必要な資金面のお話、他のコミュニティFMを参考に3つの運営案を紹介させていただきました。その中から選んでいただくとともに、理想的な形などについて意見を頂きました。

グループ1  NPO法人

民間は運営が大変だが、NPOは努力次第で実現可能なため。

グループ2  NPO法人と第三セクター

金沢の企業と繋がりも大切だが防災について考えるなら行政とのつながりも大切。しかし学生が立ち上げる強みもあるといった意見もあった。

グループ3  第三セクター

発信する情報の正確性があるから。

グループ4  NPO法人

意思決定がされている。社会貢献などNPO法人であれば出資したいと思えるから。

グループ5  NPO法人

市民参加型、放送局の目的の調査が必要

グループ6  NPO法人

立ち上げのさえに0円からできるから。

グループ7  NPO法人

民間は経営とラジオで意見が合わないことがあったりで第三セクターは自由がないからNPOが決め手になった。

 市民会議当日の様子

後日市民会議の映像を公開いたします。