防災士ってなに?

今回は防災士について調べました。
なぜ防災士について調べたのか、それは金沢シーサイドFMのイベントを通して防災士を増やしたいと考えたからです。金沢区は津波や崖崩れなどの災害が多く、災害に脆弱な地域と言えます。そこで金沢区全体で防災について知識が深まれば一人一人が命を守り、被害を抑える事が可能になります。

 

 

防災士とは

自助・共助・協働を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活動が期待されています。そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを日本防災機構が認証した人です。

 

防災士の基本理念

  • 自助:自分の命は自分で守る。
  • 共助:地域・職場で助け合い、被害拡大を防ぐ。
  • 協働:市民、企業、自治体、防災機関等が協力して活動する。

 

防災士資格は民間資格です。防災士資格取得により特定の権利が得られる、もしくは行動が義務づけられるといったことはありません。あくまでも自発的な防災ボランティア活動を行うということです。 しかし、多くの地方公共団体が予算を計上して防災士を養成し、自主防災組織や学校、職場に配置するといった事例が各地で広がるなど、防災士の社会的評価と期待は急速に高まっているため、防災士は、こうした社会の信認性を背景に、志と使命感をもって活動することが期待されています。

 

防災士に期待される役割

平常時の活動として、家族の身を守るために、自分の家の耐震補強、家具固定をして、親せきや友人などにも広めていくとともに、地域や職場での防災啓発、訓練を実施します。防災講演、災害図上訓練、避難所訓練等のリーダ役を果たすとともに、自主防災組織や消防団の活動に積極的に参加します。

 

災害時の活動として、避難誘導、初期消火、救出救助活動に当たり、支援活動に参加や重機を使ったガレキ処理等専門技術を活かした活動も実施されています。

 

防災士は講演や訓練の指導や災害時のボランティアとして活躍をしています。東日本大震災や熊本地震の時も防災士のリーダシップによって住民の命が助かったり、避難所開設がスムーズに運んだという事例が報告されています。

 

防災士の登録状況

222,730名の防災士が認証(2022年1月末時点)

https://bousaisi.jp/aboutus/

神奈川県は7,377人 全国で7番目

https://bousaisi.jp/aboutus/

政令指定都市

神奈川県横浜市  2,689人
神奈川県川崎市  1,322人
神奈川県相模原市 796人

中核市

神奈川県横須賀市 332人

 

政令指定都市ランキング

1位宮城県仙台市 1,000人におおよそ1人
2位広島県広島市 10,000人におおよそ9人
3位熊本県熊本市 10,000人におおよそ8人
最下位福岡県北九州市 100,000人におおよそ8人

 

政令指定都市での神奈川県のランキング

8位神奈川県横浜市 10,000人におおよそ3人
15位神奈川県川崎市 10,000人におおよそ1人
19位神奈川県相模原市 100,000人におおよそ8人

 

関東学院大学がある金沢区はどのくらいの防災士がいるのか聞いたところ、金沢区での単位で統計は行っていないらしく、金沢区に何人の防災士がいるのかはわかりませんでした。政令指定都市の中での人数では神奈川県横浜市は2番目に多く、2,689人。神奈川県全体では7,377人でした。金沢区は横浜市の中でも災害に脆弱な地域なので防災士の数は多いのではないかと考えました。しかし、人口比で比べると神奈川県の防災士の数は少なく、全体で増やしていく必要があると感じました。

一方、政令指定都市で1番多いのが宮城県仙台市3,323人。宮城県全体は6,178人なので約半分以上の防災士が仙台市にいることになります。仙台は東日本大震災で災害に遭われた地域なので防災士になろうと思った方が多くいたため宮城県仙台市の防災士の数が多いのかなと感じました。

神奈川県の人口は9,233,647人で防災士は7,377人とのことなので、1,000人いたら約8人いるという計算になります。

 

防災士になるには

ステップ1

日本防災士機構が認証した研修機関が実施する「防災士養成研修講座」を受講し、「研修履修証明」を取得します。

当機構の定めたガイドラインに沿ったカリキュラムで構成され、防災や災害対応の専門家を講師とし、集合研修(会場研修)の形式で行います。集合研修では防災士教本に示す21講目のうち最低12講目以上を履修します。最低でも2日間以上の日程で実施されます。集合研修で履修しなかった講目については各研修機構が定めた様式のレポートの提出が義務付けられています。

受講料53,900円

 

ステップ2

日本防災士機構が実施する「防災士資格取得試験」を受験し、合格をします。

*受験前は研修講座の履修証明を取得した者に限ります。

集合研修の最終日に同じ会場で試験を実施します。試験は3択式で30問出題され、80%以上の正答で合格です。

受験料3,000円

 

ステップ3

全国の自治体、地域消防署、日本赤十字社等の公的機関、またはそれに準ずる団体が主催する「救急救命講習」心肺蘇生法やAEDを含む3時間以上の内容を受け、その修了証を取得することが必要です。防災士の認証登録申請時に5年以内に発行されたものであって、かつ、その講習の発行者が定めた有効期限内のものを対象とします。

 

この3ステップを修了した人が、日本防災士機構への「防災士認証登録申請時」を行う事が出来ます。

申請料5,000円

3ステップを修了したことが確認でき、「防災士認証登録申請時」を適正に提出していただいた人に「防災士認証状」「防災士証(カード)」を日本防災士機構から交付されます。

 

防災士資格を取得するには、日本防災士機構が認証した防災士養成研修実施機関が実施する研修講座を受講する必要があります。

防災士養成研修実施機関

大学教育等機関

・八洲学園大学 神奈川県

民間法人

・株式会社防災士研修センター・NTTラーニングシステムズ株式会社・一般財団法人日・本経営教育センター・一般財団法人自衛隊援護協会

 

自治体による資格取得への助成

防災士資格取得費用・防災士教本代・受験料・認証手数料について、一定条件のもとに住民に対しての費用の一部または全額を助成している自治体があります。

神奈川県は愛川町だけでした。

 

学生割引があり25歳以下で学校法人として認可された高等学校、専門学校、大学、大学院などの教育機関に通学し、その機関により発行された「有効期限内の学生証を提示できる」場合に、受講料を割引できます。

防災士研修講座受講料は 一般受講料53,900円(消費税込)に対し、学割適用受講料28,600円(消費税込)です。日本防災士機構による防災士資格取得試験受験料(3,000円)と防災士資格認証登録料(5,000円)を併せ、総額36,600円です。
※日本防災士機構による防災士資格取得試験受験料(3,000円)と防災士資格認証登録料(5,000円)は割引対象です。

 

助成対象者の範囲(全住民、自主防災組織からの推薦者、在勤務などです。)

助成金の額(防災士研修講座受講料の全額、1/3補助など受講料の一部、交通費・宿泊まで補助、上限設定などがあります。)

人数の制限(多くの自治体は年度ごとに人数を定めています。即に定員に達している場合もあります。)

助成の適用範囲(防災士資格取得まで全て必要です。研修の受講を必要とし資格取得の推奨などがあります。)

 

今回は、防災士について調べました。調べるに当たって、日本防災士機構のホームページや日本防災士機構(特定非営利法人)の防災担当者様に2月7日(月)午前11頃にお電話で情報を提供してもらいました。神奈川県は全国で7番目に防災士が多いが講座を行っているところが八洲学園大学だけなので関東学院大学でも講座をできるようにすればもっと防災士が増えると感じました。実際に、カリキュラムや条件をクリアする事ができれば関東学院大学でも講座をすることが可能との事でした。関東学院大学で講座をすることができれば、学生や地域の方々にも防災について広めることができ、金沢区での単位統計をされる日が来たら面白いですね。

 

情報提供

・日本防災士機構
・https://bousaisi.jp/aboutus/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です